相撲

勝南桜こと服部桜はわざと負けている?102連敗は意図的な負けなのか

スポンサーリンク

ここでは「勝南桜(服部桜)はわざと負けているのか」についてご紹介します。

力士の勝南桜聡太さん(服部桜)は、大相撲名古屋場所で大熱戦を繰り広げるも、102連敗したことで話題になっています。

15歳の加藤と対戦した勝南桜さん(服部桜)ですが、これだけ連敗するのはわざと負けようとしているのではないか?といった憶測もあるようですね。

ここでは、勝南桜(服部桜)の連敗はわざとなのではないかという件についてまとめてみました。ネットの声も見てみましょう。

スポンサーリンク

勝南桜・服部桜はわざと負けて連敗しているのか?ネットの声

勝南桜(服部桜)はわざと負けて102連敗したのでしょうか…?ネット上では「勝南桜、わざと」で検索するとさまざまな意見が出てきます。

やはり勝南桜(服部桜)はわざと負けていると考えているファンが多い様子。

スポンサーリンク

勝南桜・服部桜はわざと負けて連敗しているのか真相は?

勝南桜(服部桜)は本当にわざと負けに行って連敗しているのでしょうか。

調べていると、大相撲9月場所3日目の序ノロの取組にて、とんでもない光景が見られたとの事です。

相撲史に残るともいわれた光景では、何度も勝南桜(服部桜)がわざと負けようとしたというのです。

立ち会う前に手をついたり、試合が始まると同時に前の方に倒れたり…。最後にはわざとらしく尻もちをついたのだとか!

そんな勝南桜(服部桜)を見たファンからは「怖くない!」といった声援があったようです。

実は過去に勝南桜(服部桜)は、錦城という超実力派力士との対戦で負けた経験があり、怖い気持ちを持つようになってしまったのだとか。さらには、勝南桜(服部桜)は稽古でもケガをしてしまったことがあり、試合での怖さを感じる原因になったと憶測されています。

噂の取組はこちらの動画のようです。

錦城はジュニア時代にはアームレスリングで全国2位を記録していたのだとか。やはり迫力もありますし、服部桜は怖い気持ちになってしまったのかもしれませんね。

そんな恐怖心から、勝南桜(服部桜)はわざと負けようとしているという憶測が飛び交っています。

勝南桜(服部桜)にはなんとか怖い気持ちを乗り越えて、わざと負けるスタイルではなく、負けても立ち向かう姿を見せてもらいたいですよね!

 

スポンサーリンク

勝南桜(服部桜)がわざと負けて連敗しているのかまとめ

ここでは勝南桜(服部桜)がわざと負けて連敗しているのかどうかを調査しました。

ネット上では勝南桜(服部桜)がわざと負けているといった声は多くあがっていました。

勝南桜(服部桜)のわざと負けているように見える試合には、過去の経験からくる恐怖心が影響していると推測されています。

ファンが勝南桜(服部桜)に「怖くない怖くない!」と声援を送っている様子からも、勝南桜(服部桜)は怖いという気持ちを持っていることがうかがえますね。

勝南桜(服部桜)には恐怖心を乗り越えて、わざと負けるような取組のスタイルを脱してもらえたらファンとしては嬉しいですよね。

勝南桜(服部桜)が勝てる日が来ることを願っています!

以上、勝南桜(服部桜)はわざと負けて連敗しているのかどうかについてでした。

スポンサーリンク